女性と男性の生え際の後退は理由も対策も大きく違うってホント!?

最近では、女性でも「おでこが広い」「禿げてきている」といわれることが増えてきましたよね。
女優さんやタレントさんも、おでこが広いと禿げているとネット上で話題になるほどです。

一昔前までは、生え際の後退といえば、男性の悩みの一つでした。
釣瓶師匠やケンドーコバヤシさんなどは、M字禿になっていますが、整っていてかっこいいですよね。

テレビにて出ている人ならしっかりと整えている方もおられますが、一般の人の場合、やはり気になる方も多いものです。

男性の方の生え際が後退してしまう原因には、強力な男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が大きく関わっています。

DHTというのは、男性ホルモンのスーパーサイヤ人のようなものです(ドラゴンボールを知らない方はごめんなさい)。
普通の男性ホルモン・テストステロンが、還元酵素5αリダクターゼと結合することで、より強力な男性ホルモンDHTに変化するわけです。
二つが結合してできるので、フュージョンって感じですね。

テストステロンは、筋肉を大きくしたり、血流を良くするなど、男性にとって欠かせないホルモンです。
しかしDHTに変換されてしまうと、脱毛を引き起こす原因になってしまうため、悪玉男性ホルモンなんて呼び方もされてしまいます。

薄毛になってしまうこのようなメカニズムがわかっているため、最近では専門医でフィナステリド(商品名:プロペシア)を処方して、DHTの生成をブロックする処方が施されるようになってきました。
フィナステリドを服用すると、テストステロンと結合しようとする還元酵素5αリダクターゼの生成を抑制するのです。
その結果、テストステロンは5αリダクターゼと結合できないため、悪玉男性ホルモンDHTも生成されず、脱毛を抑制できるというメカニズムです。

還元酵素5αリダクターゼは、Ⅰ型とⅡ型の2つがあることが分かっており、フィナステリドはⅡ型を抑制すると考えられています。
AGA(男性型脱毛症)は、主にⅡ型と関係していると考えられているので、フィナステリドが効果的なのです。

しかし最近では、還元酵素5αリダクターゼⅠ型とⅡ型の両方を抑制するデュタステリド(商品名:ザガーロ)も処方されるようになりました。
デュタステリドは、Ⅰ型Ⅱ型の両方を抑制するため、より強力な効果があるとして、フィナステリドだけでは実感できなかった方から支持されています。

ただし注意しておきたいことがあります。
それは、フィナステリドもデュタステリドも医薬品であり、副作用の恐れがあるということです。

特にこれらの薬は、ホルモン(DHT)を抑制するものであるため、様々な副作用の恐れがあげられています。
最も多いのが、精力減退や生殖器への影響です。

DHTは、頭皮(毛髪)にのみ存在するのではなく、精巣や脳にも存在しています。
つまり、DHTを抑制することでこれらにも何らかの変化があるのではないか?と危惧されているのです。

私が先日読んだ泌尿器科医の先生の本では、フィナステリドを服用している方の中に重度のEDになっている患者さんが数名いると注意書きされていました。
もちろん服用した方全員が副作用を起こすわけではありません。
むしろ、頭髪医療の専門医は、副作用のリスクの少ない薬であるとまで仰る方も折られるほどです。

AGAの治療薬には、このようにメリット・デメリットがあるため、どのように対策するかは個人で意思決定する必要があるのです。

…話を戻しますと、女性でも生え際が交代する方が増えているのですが、女性の場合は、DHTの影響を受けてAGAになることはほとんどありません。
むしろ、普段の生活習慣や間違った頭皮ケアが薄毛の大きな原因となっているのです。

特に生え際が後退してしまっている方の場合、髪型大きく関わっています。
ポニーテールと呼ばれる髪を引っ張る髪型は、特に生え際の後退を招くの注意が必要です。

そのまま続けていると、生え際の抜け毛がどんどん酷くなってしまうので気をつけておきたいですね。

ポニーテールなどの髪型にしていないのに生え際が後退し始めている…って方は、女性用育毛剤などを使って早めにケアしておきたいですね。

女性の生え際(m字)後退は早めの対策が重要【おでこが広くなった方必見!】

抜け毛を防いで育毛を頑張っています

私は女性ですが、間違ったダイエットやストレスなどで薄毛になってしまいました。
薄毛や抜け毛に悩む人は結構多く、20代など非常に若い年齢であっても不規則な生活習慣や、ストレスなどが原因で育毛が必要な状態になってしまうということも多いです。
私は女性なので、育毛をするために女性用育毛剤を活用しています。
育毛剤といえば少し抵抗があったのですが、最近は女性専用に作られているものも多いですし、女性であっても昔と比べると、ごく気軽に育毛剤は利用できる時代です。
インターネットや通販を活用すれば、実際に外へ出向くこと無く人目につかずに育毛剤を手に入れることが出来ますし、あまり気負わず育毛剤を使うと良いでしょう。
私はあまり肌が強い方ではないですし、低刺激な化粧品や無添加などでナチュラル志向なコスメが好きということもあり、女性用育毛剤を選ぶ時にはマイナチュレという無添加で自然由来の成分が多く配合されているものを選びました。
女性用育毛剤は男性向けのものと比べると、やや肌への刺激が抑えられており、スースーしたりすることなく清涼感なく使うことが出来たり、保湿性に優れているものも多いです。
しっとり頭皮を潤わせることが出来たり、髪に艶やかさが欲しい人や、地肌を保湿させたい人にも育毛剤はおすすめです。
育毛剤を塗布する時には、女性であっても男性であっても、しっかりと地肌をマッサージしたり頭皮へ薬液をしっかり浸透させることが大切です。
女性用育毛剤を使用するにあたっては、丁寧に地肌を揉みほぐすことを心掛けてます。
育毛は始めたからといって、急にいきなり髪が増えてきたり抜け毛がすぐ減ったりすることは無いケースも多いです。
地肌の環境が整って髪が生えやすい基盤が整ったり、地肌のコンディションが改善されて良い髪が生えてくるまでには3ヶ月から半年程度は時間が必要になってしまうことも多いですし、育毛剤は結果を焦り続けないことも大事です。
突発的に使うのではなく、育毛剤の使用は継続することが大切なので、育毛ケアは毎日続けることも大切です。
私は育毛を始めてから、少しずつ抜け毛が減ったり、広かった分け目が次第に目立たなくなりました。

薄毛をしっかりとケアしていくことが大切です

たくさんの方が疑問に思っていることがあるかもしれません。それは薄毛の原因についてです。薄毛って気がついたときにはもう手遅れで、いつの間にか髪の毛がかなり抜け落ちていき、だんだんと髪の毛が少なくなって、やがては薄毛がかなり進行してしまっていますよね?
その薄毛の原因なのですが、これは当然人によっても違いますが、だいたいはストレスや生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの異常、そして、遺伝などが挙げられるのではないでしょうか。

やはり、薄毛になってしまうと、その後に多大な悪影響をもたらしてしまうケースも少なくはありません。そのため、薄毛になってしまって非常に困っている方もたくさんいらっしゃるはずです。薄毛ってすごく厄介なものですし、目立つのもあって、できれば早期に薄毛を解消していきたいはずです。

薄毛には育毛剤も効果的と言われていますが、やはり、その人に合った育毛剤を使用していくことで育毛促進を期待できますし、少しでも髪の毛が生えてくるためには、努力も当然必要になりますよね?簡単に薄毛は解消できるものではありませんし、いろんな苦労を経験し、試行錯誤を繰り返して初めて、薄毛という非常に厄介なものを解消できるのではないでしょうか。
誰も薄毛になりたいとは思いませんよね?ストレスや遺伝、その他の様々な原因によって薄毛は起こりうるのですが、本当に薄毛は辛いでしょうし、ストレスも余計に溜まると思います。

そこで、しっかりと育毛剤でケアしていくことで、また髪の毛を増やすこともできるかもしれないのです。当然のことですが、希望を持って育毛対策していくことで、ちょっとでも良い効果を期待できますし、薄毛を解消できる可能性もあるのです。その人に合った育毛剤をうまく使っていき、しっかりと薄毛のケアを施していけば、もしかするとまた髪の毛が生まれ変わるかもしれないのです。

そのために、再び髪の毛のある生活をできるかもしれませんよね?薄毛をしっかりとケアしていくことで、また再び喜びのある日常を取り戻せるかもしれません。

髪の毛に悪い生活習慣「喫煙」の悪影響を知る

髪の毛が抜けてしまっているのに、ただ指をくわえて、髪の毛がなくなっていくのをだまって見ているしかない・・・。

これでは嫌ですよね。どうして髪の毛が抜けていってしまうのでしょうか。男性や女性で最近よく見られる、髪の毛に悪い習慣といえば喫煙。喫煙が髪の毛に与える影響を知り、髪の毛を大事に守っていきましょう。

「タバコといっても、煙を吸ってるだけじゃないか、髪の毛に何の関係があるんだ」
とお思いの方もいるでしょう。喫煙は髪の毛にとても悪いのです。タバコを吸うとニコチンが体を中に入ってきます。このニコチンが、頭皮の血液のめぐりを悪くしてしまうのです。

頭皮の血流が悪くなることで、髪の毛に大事な栄養分が行き渡らなくなってしまいます。その結果、髪の毛が弱ってきて髪の毛が抜けていってしまうのです。

喫煙が髪の毛に与える影響のもう一つに、ジヒドロステロンの増加があります。髪の毛が薄くなってしまう原因として男性ホルモンであるテストステロンの影響があります。これがジヒドロステロンに変化してしまって、髪の毛が抜けていってしまうというのが、男性型の脱毛のメカニズムです。

男性だけでなく、女性のジヒドロステロンも増加してしまいます。女性の中にも男性ホルモンがあります。女性でも男性が他の脱毛症になってしまうケースもあるので、男性だけでなく、女性でも髪の毛を大事に保つためには喫煙は避けたほうが無難です。

喫煙をすることで、このジヒドロステロンの分量が増えてしまうのです。喫煙していない人と比べても10%以上のジヒドロステロンの量が出ているとのデータも出ているくらいです。

ハゲを克服したいなら、できるだけジヒドロステロンの分泌を抑えることが大事です。そのためには喫煙という悪い生活習慣をやめましょう。喫煙をやめるだけですから、お金もかかりません。長い間吸っているから止められない、という人は、病院で禁煙治療を受ける方法もあります。

髪の毛を大事にするためにも、思い切って喫煙をやめてみませんか。タバコをやめるだけで、髪の毛の薄さが大きく改善します。

洗髪の注意点と育毛効果なある頭皮マッサージ

薄毛の原因は主に遺伝で男性ホルモンが関係しているようです。。そのため親が薄毛ならば子供も将来薄毛になる可能性が高いと言われています。しかし原因は日常生活の些細な事も原因になっている事があります。薄毛は頭皮環境が悪くなるとなりやすいので、頭皮の洗い方も十分考えられる要因です。

毎日入浴してしっかり洗髪すると思いますが、先発方法の中にも薄毛に繋がってしまうポイントがあります。まずシャンプーを1日2回以上していると必要な皮脂までも落としまうので頭皮が乾燥してしまいます。それで痒みが出たりして頭皮環境が悪くなってしまいます。

洗髪する時に爪を立ててゴシゴシ洗うのも頭皮を傷つけてしまう可能性があります。頭皮は体の中で弱い部分なので傷つきやすいのです。傷付いてしまうと雑菌が入って炎症を起こしてしまいます。頭皮環境ももちろん悪くなってしまうので注意が必要です。

洗髪後にシャンプーを残してしまうのも頭皮環境が悪くなる原因です。頭皮にシャンプーが残ってしまうと毛穴に詰まってしまって炎症を起こしてしまいます。痒みも出たりしてしまうので注意が必要です。

洗髪する時は指の腹の部分でマッサージするような感覚で軽く揉んで洗う事が大切です。洗髪する回数も1日1回で充分です。シャンプー後のすすぎもしっかりする事が大切です。少し多めにすすぐらいにした方がいいかもしれません。

洗髪後に育毛剤を使用して頭皮マッサージすると育毛効果が期待出来ます。まず育毛剤を塗布してマッサージを始めます。マッサージする時も洗髪する時と同様に爪を立ててはいけません。指の腹の部分で力を入れ過ぎずに優しく揉んでいく事が大切です。それで頭皮全体をマッサージして育毛剤の成分を頭皮に浸透させていきます。特に薄毛になっている部分や、頭皮が硬くなっている部分を重点的にマッサージすると良いでしょう。

育毛効果というのはそれほど早く出るものではありません。毎日育毛剤を使用して頭皮マッサージを継続する事で徐々に効果だ出てきます。大切なのは焦らないで長い目で実践していく事です。

勘違いしてるかも?育毛シャンプーの注意

あなたは薄毛に困っていませんか?髪が抜けてくることって本当に辛いことです。急激に抜け毛が増えると将来自分の髪の毛がどうなるのか心配になりますよね。特に女性であれば尚のこと心配でしょう。「禿げる」と言うことは本当に女性にとって恥ずかしいこと…もし将来禿げてしまったらと考えると不安で仕方なくなるでしょうね。
そんなときに無くてはならないアイテムとされているのが「育毛剤」と「育毛シャンプー」です。育毛剤は良くご存じかと思いますが、育毛シャンプーというのはあまり聞きなれないのではないでしょうか?だからこそ気になりますよね。この育毛シャンプーを使ってみようと思う前に知っておいてほしいことがあります。では、この育毛シャンプーの勘違いしやすい間違いについてご紹介します。
育毛シャンプーというのは「育毛」という名が付いているだけに、育毛剤と同じく育毛効果があると勘違いなさっている人が多いかと思います。しかし実はこの知識は間違っているのです。育毛シャンプーにあるのは「抜け毛対策効果」であり、既に抜けた髪の毛を元通りに生やす「育毛効果」はないのです。つまり育毛剤と同じような効果は得られません。あるのは頭皮環境を整えて、髪の毛を抜けにくくする効果です。そこのところを間違って知識として取りいれないように気をつけてくださいね。
育毛シャンプーの効果を感じられるのは、最近抜け毛に悩みを持っている人のみなのです。この抜け毛を減らすことでこれ以上薄毛になることは抑えられます。しかしすでに薄毛が進行して禿げてきている人には効果的とは言えないので、この効果を良く知っておいてくださいね。
さらには女性には女性用の男性には男性用の育毛シャンプーが存在します。二つの効果は違います。女性が男性用の育毛シャンプーを使っても良い効果は得られないので、ご注意ください。女性用の育毛シャンプーには「保湿効果」が含まれたものが多いです。男性は男性ホルモン抑える効果が高いので女性にはあまり効き目がありません。この点を踏まえて知識として取りいれて、育毛シャンプーを選んでくださいね。

育毛剤の正しい使い方とは!?

抜け毛や薄毛の悩みを解決しようとして、育毛剤のお世話になるという人もいるのではないでしょうか。ただ、せっかく育毛剤を使うのであれば、正しく使って少しでもスピーディに効果を実感したいものですね。

育毛剤を正しく使うには、大前提として、購入時に添付されている使用上の注意や飲み方などについて記載されている、注意書きをよく読むことが大事です。意外とこの注意書きに関して、無関心な人が少なくありません。せっかく育毛剤を取り入れるのですので、効果的な方法で塗布して有効成分を効率よく頭皮に浸透させましょう。

たとえば、頭皮や髪に汚れが付着した状態で育毛剤を使っても、しっかり浸透されませんので効果が期待できなくなります。余分な汚れ皮脂が邪魔をして、育毛剤の有効成分が効果的に頭皮の奥に浸透しませんので、頭をしっかり洗浄してから育毛剤を使いましょう。

また、頭皮を完全に乾かしてから育毛剤を塗布することも意識しましょう。水分が残っていると、水分が頭皮を保護していまい、育毛に良い成分が浸透せずに外部に残ったままの状態になるのです。完璧にドライヤーで髪と頭皮を乾かしてから塗布することが大事です。

さらに育毛剤を使うから、ほかのライフスタイルにはおかまいなしというのもよくありません。頭皮環境を高めるためには、毎日の生活習慣や食事にも十分気を配ることが大切なのです。たとえばお酒やタバコですが、どちらも血流を滞らせる原因となります。ほどほどなら構いませんが、どちらもやりすぎには十分気をつけましょう。

そして、睡眠不足やアンバランスな食事をとり続けるのも、頭皮に良い影響を与えません。なるべく睡眠をしっかり取って食事のバランスも正すようにしましょう。加えて激しいストレスも、薄毛の要因となります。休日には、意識してリフレッシュするような行動をするようにしたいものです。このように、育毛剤をとるときは正しく使うとともに、ライフスタイルにも気を配るのがベターです。

育毛に効果的なビタミンとは?

気になる薄毛を、少しでも改善させたいと思っている人は少なくないでしょう。少しでも育毛に効果的なことをして、理想の頭皮環境になりたいものです。実は普段摂取するビタミン類のなかに、抜け毛に効果のあるものがあるのです。そこで育毛に効果的なビタミン類を紹介しましょう。

育毛を促す効果があると注目されているビタミンとして、まずはビタミンB6が挙げられます。ほとんどの育毛剤に含まれてる成分ですので、知っているという人は少なくないかもしれません。このビタミンB6は、髪の生成の過程でなくてはならない成分になります。さらに細胞の分裂を促進する効果があると言われています。ビタミンB6は、副作用の問題が極めて少ないという特徴があるので、安心して摂取できる成分になります。

また育毛に効果があるとして、ビオチンという成分も最近注目されています。エイジングケアや健康促進として話題になっているビオチンは、髪の寿命を高めたり代謝をアップさせる効果が期待できるので、まさに薄毛や抜け毛で悩んでいる人にとって、欠かせない成分になるのです。ビオチンはビタミンCと同じように水溶性で、過剰に摂取しても尿として体外に出されるので、こちらも気にせずに摂取できるものになります。

そして若返り効果のあるビタミンとして有名なビタミンEも、非常に育毛に効果があるとして人気になります。抗酸化作用を高める作用があり、血液を元気にしたり髪の状態を良くする効果があります。女性にとっても、美容効果があるとしてとても注目されているビタミンになるのです。こちらは脂溶性ですので、過剰摂取に気をつけながら取ることをオススメします。

以上のようなビタミンを取ると、育毛効果が期待できます。普段の食事として取るのが理想的ですが、なかなかそうはいかないこともあるでしょう。ですので効果的に吸収されるサプリメントとして飲むのもオススメです。ぜひ取り入れて育毛改善を目指すとよいでしょう。

薄毛の原因を取り除く事も大事

薄毛を予防するのに定番なのが育毛剤を使用する方法です。育毛剤を塗布して頭皮マッサージをすると徐々に育毛効果が出てくるのは確かです。しかし薄毛になってしまうのは何かしら原因があるからなのです。その原因を取り除かないと育毛剤を使用して育毛効果が出たとしてもまた抜け毛が増えてしまって薄毛が再発してしまいます。そのため薄毛の原因を取り除くという事もすごく大切なのです。

薄毛の原因の主な原因は食生活の乱れ、喫煙や飲酒、ストレスが挙げられます。まず食生活の乱れは特に一人暮らしの人に多く見られています。一人暮らしの人は基本的に自炊する事が少なくてファーストフードやコンビニ弁当で済ませてしまう事が多いです。そのため栄養が偏ってしまい必要な栄養素が頭皮や髪の毛に行き渡らなくなってしまいます。それで抜け毛が増えて薄毛に繋がってしまいます。なるべくファーストフードやコンビニ弁当は控えて、自炊すようにして野菜を多く食べるようにすると良いでしょう。

喫煙や飲酒も薄毛の大きな原因です。特にタバコに含まれているニコチンは血管を収縮してしまいます。それにより血行不良になってしまうので頭皮環境が悪くなってしまいます。頭皮環境が悪くなってしまうと当然抜け毛が増えて薄毛に繋がってしまいます。また飲酒によってアルコールが亜鉛など髪の毛に必要な栄養素を奪ってしまうので薄毛に繋がってしまいます。喫煙や飲酒は百害あって一利なしなので絶対に辞めなければいけません。

ストレスを溜め過ぎてしまうと自律神経が乱れてしまい、血管が収縮してしまい血圧が上がってしまいます。血管が収縮してしまうと血行不良になってしまうので当然抜け毛が増えて薄毛に繋がってしまいます。仕事でストレスが溜まってしまうのはしょうがない事なのですけど、休日に自分の趣味に打ち込むなどしてストレスを発散しておくのが良いでしょう。

薄毛を予防する時は育毛剤を利用する他に日頃に生活習慣を見直してみるのも大切な事です。

若年層の薄毛の原因と予防法

薄毛はだんだん年齢を重ねてきて体のいろいろな部分で老化が始まってしまいホルモンバランスが崩れて薄毛になるケースが多いのですが、最近では20代の若い世代で薄毛に悩んでいる人達が急増しています。20代の若い世代の人達は体の老化は始まっているわけないので他に原因があると考えられます。

20代になると基本的に社会に出て働き始める時でもあります。そのため一人暮らしを始める人が多くなってきます。一人暮らしになると生活習慣や食生活が乱れてきてしまいます。睡眠をしっかり取らないで夜更かししたり、食事に関してもファーストフードやコンビニで済ませてしまう事が多くなってきます。生活習慣や食生活が乱れてくると当然栄養も偏ってきてしまうので抜け毛の原因にもなってしまいます。睡眠はしっかり7時間以上取って、食事も野菜を多く食べるようにして栄養バランスを考えるようにする事が薄毛予防にも繋がっていきます。

20代になるとストレスも溜めこんでしまう人が多くなってくる年代でもあります。社会に出て働くようになると環境が変化するので慣れるまではかなり気を使うと思います。それに職場の人間関係で理不尽な事も多い世の中なのでそういう点でストレスを溜めこんでしまう人も多いと思います。ストレスを食べてしまうと自律神経が乱れて薄毛になってしまう可能性があるので、休日に適度な運動をしたりしてストレスを発散しておくと良いでしょう。

薄毛の予防で代表的なのが育毛剤です。しかし20代は体も成長過程にあるので頭皮に刺激があり過ぎる育毛剤は控えるようにしましょう。刺激が強い育毛剤は副作用も起こりやすいので体に支障が出る事があります。20代の薄毛の場合はそれほど進行しているケースが少ないのであまり頭皮を刺激しないもので十分です。また20代の場合は若いので基礎代謝も高いし適切な対策をすれば薄毛を予防する事は十分可能です。低刺激の育毛剤を使用しながら規則正しい生活を送ると育毛効果も出てくるでしょう。